請求の流れ

不倫の慰謝料請求を法律事務所に相談してから、具体的にどのような流れで慰謝料を請求できるのでしょうか。

慰謝料請求をするならば、まずは事実関係を確認して証拠を整理します。どのようにして結婚をしたのか、婚姻関係はどのようなものだったか、そして不倫はいつ発覚したのかといった状況を詳細に整理します。また、それぞれの事実についてしっかりと証拠を集めて選別します。これらをもとにして慰謝料の請求金額を決定します。その際には過去の事例も参考にします。万が一訴訟になった場合の見通しも立てます。

内容証明書不倫相手に慰謝料請求をするならば、きちんと住所を確認しておかなければいけません。その際には内容証明郵便で送ることになります。その際に送るのが慰謝料請求通知書です。こちらの通知書にはどのような理由によりいくら請求するのか、いつまでに支払って欲しいのかといったことを含めています。

もし示談が成立したならば、示談書を作成します。そして実際に慰謝料を支払ってもらうことになります。ただし、示談が成立しないこともあるでしょう。この場合は裁判所に訴訟を出すことになります。これについては弁護士が細かな手続きをしっかりと代理してくれて、サポートしてくれるでしょう。