証拠を集める

手つなぎ不倫による慰謝料請求で相談をするならば、証拠があることが大切です。不倫をされたという証拠がなければ慰謝料を請求することができないからです。仮に訴訟をしたとしても、裁判では証拠がとても重視されます。明確な証拠がなければ不倫の事実が認められないのです。

たとえば不倫をしていたことが分かる会話が録音されているならば、これは証拠能力があります。電話の会話だけではなくて、たとえば本人から自白があったならば、それはきちんと録音しておくべきです。後でその発言を撤回されたとしても、音声が残っているならばそれが証拠となります。

二人がラブホテルに入る瞬間を撮影した写真というのは大きな証拠となるでしょう。ただし、単に街中を歩いていたり、手をつないでいる程度では証拠能力は弱いです。あくまでも肉体関係があったことが証明されなければ不貞行為として判断されないのです。

ラブホテルの領収書があるならば、それも証拠となるでしょう。ただし、単に普通のホテルに二人で泊まっただけでは、実際は一人で泊まったと言い訳される可能性もあります。

このような証拠は自分で集めることができるのが理想ですが、探偵や弁護士に協力してもらうケースもあります。できるだけ多くの証拠を集めておきましょう。そして、請求の流れについても説明していこうと思います。